豊胸手術・脂肪吸引・医療レーザー脱毛・陥没乳頭
女性院長が教えるプチ整形サイト
トップページ
豊胸手術
脂肪吸引
医療レーザー脱毛
陥没乳首
ボディQ&A
お問い合わせ
クリニックご案内
クリニック日比谷 ソフィア院
 
旧ソフィアクリニックのサイトへ

豊胸手術

当院では、基本的にソフトコヒーシブシリコンバッグを用いた乳腺下豊胸術をお勧めしています。

豊胸手術実例

豊胸術は我々がこだわり、力を入れている手術の1つです。

豊胸術には様々なものがあります。
@プロテーゼを乳房の下に挿入する方法
  ・生食バッグを用いる方法
  ・シリコンバッグを用いる方法
A脂肪注入による方法



乳腺下シリコンプロテーゼ挿入法

当院では患者様のご希望により脂肪注入も行っていますが、この方法はなかなか結果が安定せず、また、しこりになることも多く、そうなってしまうと摘出が困難なことから、基本的には乳腺下シリコンプロテーゼ挿入法をお勧めしています。

[ 方法 ]
これは、脇の下を3〜4センチくらい切開し、乳房には傷つけないよう乳腺下にプロテーゼを挿入します。この方法は正確には大胸筋膜下ですので、乳腺や乳管には全く触りません。従って、授乳などには全く影響ありません。
 バッグの材質については、様々なものが存在しますが、当院では主にソフトコヒーシブシリコンバッグを用いています。これはバッグ外膜が三層構造になっていて非常に強く、また、万が一破損しても漏れにくい設計になっており、一塊に取り出せるため抜去も容易です。一方、生食バッグは最も安全ですが触り心地が悪く、CMCバッグは万が一破損した際に大量の異物が漏れ出ることから、患者様の強いご希望がなければ使用していません。

[ 術後経過 ]
術後、ドレーン(血が溜まらなくするための管)を留置します。手術翌日、抜去しに来院していただく必要があります。ドレーン抜去後よりシャワーが可能となります。1週間後に抜糸を行います。
 術後1週間ぐらいはプロテーゼを入れた胸部の疼痛(とうつう)が少し強いかと思われますが、その後はかなり楽になってきます。また、広範囲を剥離するため胸の感覚がしばらく鈍くなることがあります。
 また、当院では基本的にユーロシリコン社製のテクスチャードタイプ(表面がザラザラ)のタイプのプロテーゼを用いています。現在のところ、このタイプのものが最も被膜拘縮が起こりにくく柔らかく仕上がると考えられています。そのため、マッサージは必要ありません。3ヶ月ぐらいは基本的にブラジャーはしないほうが良いようです。

※被膜拘縮とは異物の周りにできる膜です。これが高度に生じるとカチカチの胸になります。スムースタイプ(表面がツルツル)のプロテーゼに多く生じるといわれています。

[ 適応について ](どの種類のプロテーゼが良いか?どの方法が良いか?)
乳腺がほとんどない場合、現在のところ教科書的には大胸筋下法が正しいとされています。しかし、そのような方は筋肉も薄く、その薄い筋肉で覆うことの意味があまりないのではないかと私たちは考えています。その上、大胸筋下法は筋肉(大胸筋)の作用により、せっかく良い位置に入れたバッグが上の方に移動しやすく、疼痛や出血の頻度も乳腺下法に比べ大きいのです。
 もともとある程度、乳腺・脂肪のある方の場合は触れても分かりにくいぐらいの非常に自然で良い結果が得られます。
 しかし、本当に乳腺のない方の場合、見た目は自然ですが、触るとバッグの感触が分かってしまうかもしれません。このあたりが患者様にとって一番不安なところかと思います。
まずは是非一度カウンセリングにいらしてください。



料金表

内訳 料金(税込)
手術代 65万1000円
全身麻酔代 10万5000円
手術前の検査 2万1000円
薬代 8400円
  合計80万円程度(税込)


▲このページのトップへ




(C)Copyright 2004. Sophia Clinic. All Rights Reserved.